将棋デザイニング

  1. TOP
  2. 次の一手
  3. 終盤 次の一手
  4. 終盤は相手玉に即詰みがあるかどうかを最初に確認しよう(1)

終盤は相手玉に即詰みがあるかどうかを最初に確認しよう(1)

次の局面は終盤で先手が▲5二龍と入った局面です。6六の香も嫌な位置にいます。後手番の立場で次の一手を考えてみてください。

△6一金と受ける手が浮かびますが、強く▲同龍か▲6二金と絡まれます。

正解手は△6九角です。これで先手玉は詰んでいます。

▲8八玉△8七角成▲同玉△8六香

香車を捨てて、玉を危険地帯に誘います。

▲同玉△7四桂▲8七玉△8六金▲8八玉△8七金

終盤は弱気にならず相手玉は詰まないかを意識することが大事です。逆に攻める場合は、自玉の安全度を確認して、何の駒を渡してはいけないかを確認します。

敵玉と自玉の双方を見ることで、盤面を広くみる習慣が身につきます。

スポンサーリンク